張ってみたいです。
60年代のヤツ!
img_13376829532785.jpg
ERECTRIC BASS OYAJIさんのブログには1960年代の弦がそのまま張ってたベースを弾いた時のレポが載っています。
当時の弦は素材は元より今とはまったく製法が異なり、超ロングライフ。
完全ハンドメイドで手間がかかり高かった、だから皆なかなか交換せず、ほとんどビジネスにならない、なので70年代にひっそりとこの製法は無くなったそう。
レポを読むと張って40年以上経っているのに芯もしっかり金属的な音がしていたらしい!凄い!
たしかに楽器がポピュラーになって大量生産に入る前の楽器は凄く精度がいいし、さらには付いてきたストラップなんかも、今の合皮と違い明らかに質がいい本皮製
弦も良いんだろうなあと気になっちゃいます。(別に今の弦に不満があるわけではありません)
たまにアメリカではケースの中からとか当時の弦がひょこっと出てきたりするそう!
しかし、ギターはあってもベースは中々ないでしょうねー。
もし運よく手にする事があって、10万位で売れるとしても、思いっきり迷って張ってしまうかも!そしたら一生張替えん。
ちなみにネットで検索したら1つだけ見つけました、アメリカで。1965年製の弦、おっ意外と安い!と思ったらバラ売りでしたが。。
誰か買ってきて~